大宮で整形外科なら、大宮はしもと整形外科。腰痛・肩こり・ヘルニアなど。

大宮で整形外科をお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所

PRP療法とは

  • HOME »
  • PRP療法とは

PRPとは採取した血液を遠心分離にかけて、血小板を抽出した液体(多血小板血漿)のことを言います。打撲や捻挫などの怪我や、変形性関節症や腰椎椎間板症、肩腱板断裂などの疾患においては、血小板から傷んだ組織の修復を促進する物質(成長因子)が供給されて傷んだ組織を元通りに直そうとする自己治癒機転が働いています。


PRP療法は、この”自分で自分を治す力(自己治癒力)”をサポートする治療法で、ヨーロッパやアメリカでは頻繁に行われている治療法です。以前はスポーツ選手を中心にケガの治療に使われ始めましたが、現在では一般の方に対しても慢性化してしまった症状の治療として広まっています。


1970年代から血液内科医により血小板由来の成長因子の存在は確かめられていました。1990年代に入って美容整形、皮膚移植、歯科治療などの分野に臨床応用されていくようになりました。整形外科が扱う運動器治療にPRPが応用されたのは2000年代はじめに難治性の骨折に対して手術時に併用されたのが最初です。慢性の運動器障害に対して臨床応用がされたのはアメリカのスタンフォード大学で2006年にMishraらがアキレス腱炎に対して用いたのが最初とされています。結果は2年のフォローで93%の改善率と良好で、これ以降欧米中心にPRP療法が広まっていくことになります。自分の血液を約5-60㏄とり、遠心分離などの技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、自己PRPを作成します。


このPRP中には、成長因子が豊富に含まれますので、これを自分の身体の傷んだ部分に注射すると、その部分の組織の修復が促進され、”早期治癒”や”疼痛の軽減”効果をもたらします。


膝の痛み


膝の痛みのある方は、PRP療法の良い適応になります。変形性関節症では、変形の進行に伴い、軟骨がすり減ったり、半月板が傷んだり、炎症が起きてひざに水がたまったりします。PRPは、これらの組織の修復を促したり、関節の炎症を抑制したりする効果があります。

軟骨再生が見られた報告もあります。これまでは、変形性関節症の方に対する薬物療法としては、痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射などしかありませんでしたが、こうした既存の治療が無効であった方の中にも、PRPを関節に注射することにより痛みが取れる方がいることが分かってきました。

また、PRPは自分の血液ですので、薬物のように副作用を起こすことは極めて稀であるというのも、この治療が欧米でも広く支持されている理由の一つです。
変形性膝関節症に対するPRP療法の成績はおよそ70-80%といわれています(治療前の痛みを10とすると平均で2-3くらいになる)。


腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎神経根症

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎神経根症に対してもPRPは適応があります。近年PRPは神経組織に対しても抗炎症作用や神経再生作用があることがわかってきました。傷んだ神経の周囲にPRPを注射してあげることで末梢神経の再生を促したり、炎症を抑え、痛みの感覚を伝達する神経の過敏な反応を抑えたりする効果が期待できます。

当院では坐骨神経痛や上肢の痺れ痛みの方にはまず投薬治療やリハビリの他、神経根ブロック、椎間板ブロック、筋膜リリース等の既存治療をお勧めします。そのような既存治療を行っても十分に痛みの改善が得られない場合は、このPRP療法を行ってみる価値があります。従来法の治療を受けてもつらい神経痛があって、脊椎手術を勧められているような方にも行ってみる価値があると考えています。

またこれまで他院でいろいろな治療を試してきたがなかなか良くならない難治性の神経痛をお持ちの方にもPRP療法は試してみる価値がある治療であると考えています。先述のように、非常に副作用の少ない治療ですので、数ある保存加療のうちの一つの選択肢として、特に既存の治療法への反応が乏しい方への実施をお勧めいたしております。

神経痛に対するPRP療法の成績はおよそ50-80%といわれています。 (治療前の痛みを10とすると平均で5-8くらいになる、また治療前の痛みが半分以下になる人の割合が50-80%程度期待できる)。

スポーツ外傷・障害

スポーツの外傷・障害に対してもPRPは良い適応になります。スポーツをする方は、少しでも早い復帰を希望される場合があります。そのような時は靭帯損傷・肉離れ・腱炎などに対してPRP療法を行います。また、これまでいろいろな治療を試してきたがなかなか良くならない難治性の外傷・障害の治療としてPRP療法は一つの選択肢となります。

このような方は、治るはずの組織が治りにくい環境になってしまっています。
そこに血小板を注射してあげることで、本来あった自己治癒機転をもう一度活性化し、怪我を治す環境を再獲得することが期待できるのです。他院で手術加療を勧められたが決心がつかず、最終的な保存療法としてPRP療法を行い、可能な限り手術を回避するのが理想的と考えています。先述のように、非常に副作用の少ない治療ですので、既存の治療法への反応が乏しい方は特にお勧めいたしております。

慢性腰痛症

慢性腰痛症に対してもPRPは良い適応です。特に椎間板由来の腰痛の場合、椎間板や椎間板の周囲にPRPを注射してあげることで椎間板の再生を促したり、炎症を抑え、痛みの感覚を伝達する神経の過敏な反応を抑えたりする効果が期待できます。


当院では腰痛の方にはまず投薬治療やリハビリの他、神経根ブロック、椎間板ブロック、筋膜リリース等の既存治療をお勧めします。そのような既存治療を行っても十分に痛みの改善が得られない場合は、このPRP療法を行ってみる価値があります。


またこれまで他院でいろいろな治療を試してきたがなかなか良くならない難治性の腰痛をお持ちの方にもPRP療法は試してみる価値がある治療であると考えています。先述のように、非常に副作用の少ない治療ですので、数ある保存加療のうちの一つの選択肢として、特に既存の治療法への反応が乏しい方への実施をお勧めいたしております。


椎間板性腰痛症に対するPRP療法の成績はおよそ50%といわれています。
(治療前の痛みを10とすると平均で5くらいになる、また治療前の痛みが半分以下になる人の割合が50%程度期待できる)。


肩腱板断裂

肩の痛みがある方にも、PRP療法は良い適応となります。肩腱板断裂では、腕を持ち上げる腱板という筋肉が老化や外傷などにより硬くなったり、部分的に擦り切れてしまったり、筋肉の周囲に炎症が起きたりします。


PRPは、これらの組織の修復を促したり、筋周囲の炎症を抑制したりする効果があります。これまでは、腱板断裂の方に対する薬物療法としては、痛み止めの内服やヒアルロン酸やステロイドの注射などしかありませんでしたが、こうした既存の治療が無効であった方の中にも、PRPを傷んだ筋に注射することにより痛みが取れる方がいることが分かってきました。


また、PRPは自分の血液ですので、薬物のように副作用を起こすことは極めて稀であるというのも、この治療が欧米でも広く支持されている理由の一つです。
肩腱板断裂に対するPRP療法の成績はおよそ60-70%といわれています(治療前の痛みを10とすると平均で3-4くらいになる)。


多血小板血漿(PRP)治療の費用

PRP療法は、日本ではまだ保険診療として認められておりません。そのため、治療を受ける方は自由診療となります。当院での一回のPRP注射にかかる費用は3万円程度です。これは国内で最も低いレベルの価格帯です。


さらに効果を高めたい方の場合2-3回のPRP注射をおすすめする事もあります。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

TEL 048-711-8309 受付:月・火・木・金 9:00~12:30/14:45~18:00
   水・土     9:00~12:30
休診:日曜・祝日
住所:埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-32
   島忠ホームズさいたま中央店2階
最寄駅:大宮駅徒歩10分(中山道沿い) 
地図・行き方

ご予約は、診療時間の予約ではありません。来院していただいた順に診療させて頂きますので、混み具合によってはお待たせしてしまう事もあることをご了承下さい。

症状一覧

当院について

外観

受付
<月・火・木・金>
9:00~12:30
14:45~18:00

<水・土>
9:00~12:30

休診
日曜・祝日

住所
埼玉県さいたま市中央区
上落合8-3-32
島忠ホームズさいたま中央店2階

最寄駅
大宮駅徒歩10分

地図・行き方

TEL 048-711-8309

お問い合わせ

新規受付

PAGETOP
Copyright © 大宮はしもと整形外科 All Rights Reserved.