大宮で整形外科なら、大宮はしもと整形外科。腰痛・肩こり・ヘルニアなど。

大宮で整形外科をお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所

腰部脊柱管狭窄症の治療

  • HOME »
  • 腰部脊柱管狭窄症の治療

当院では坐骨神経痛やしびれが強い方で患者さんのご希望があれば初診時からでも超音波ガイド下に神経根ブロックを行っています。症状がつらい場合は積極的に治療するのが良いと考えているからです。


背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靭帯が厚くなったりして神経の通る脊柱管を狭くして(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経が炎症を起こすと脊柱管狭窄が発症します。長い距離を続けて歩くことができなかったり、坐骨神経痛が出たりします。

当院では坐骨神経痛が強い方で患者さんのご希望があれば初診時からでも超音波ガイド下に神経根ブロックを行っています。症状がつらい場合は積極的に除痛するのが良いと考えているからです。

神経の圧迫が取れないと根本的な治療にならないと考える患者さんは多くいらっしゃいますが、神経根の炎症が抑えられれば除圧手術でなくても根本治療になるといえます。実際高齢者の大半の方には物理的に脊柱のどこかに神経の圧迫は存在します。しかし神経痛が現れる方はそのうちごく一部であり、それは神経圧迫に神経炎がかぶった状態となってはじめて神経痛の症状となるのです(おそらく普段は圧迫を受けながらも炎症の起きていない状態だった神経が何らかの衝撃を受けたり擦られたりして真っ赤に充血して炎症を起こすものだと思われます)。

超音波ガイド下神経根ブロックでもつらい症状が緩和できない場合、神経再生や神経炎抑制効果を期待できる腰椎PRP注射(自己血由来多血小板注射療法)をお勧めすることもあります。脊椎手術が避けられる可能性がある治療法であるからです。また脊椎手術を受けたのちも下肢痛やしびれなどの症状が残存してしまっている方にもお勧めできる治療法です。
> 詳細はこちら(PRPの実際の例:腰椎)

では実際に症例をいくつか見てみましょう

症例1

この方は私の外来にいらっしゃる2ヶ月前に脊椎手術を数多く手掛ける病院で手術を受けた方です。ところが手術が終わっても下肢痛が良くならず、かえって悪化してしまったそうです。とても痛がっている様子でしたので初診時から神経根ブロックを行った上でCTとMRIを撮る事にしました。

やはり真ん中の脊柱管はしっかり除圧されていましたが、硬膜幹からL5神経根が枝分かれしたところで骨と黄色靭帯で神経根が潰されるように圧迫されています。結局2回神経根ブロックを行い、再手術を行うことなく下肢痛は全く無くなりました。このように神経は圧迫が残っていても神経炎さえ抑えられれば症状が軽快することは多くあります。

症例2

次は最も多いパターンです。椅子などからの立ち上がりから左の下肢痛が出現して、歩行するとどんどん痛みが悪化する症状の方です。レントゲン所見と患者さんの身体所見からL4-5でのL5神経根症状であることがわかりましたので初診時から超音波ガイド下にL5神経根ブロックを行いました。患者さんのご希望もあったので、後日MRIも撮ってみました。

L4にわずかにすべりがあり、真ん中の脊柱管はあまり神経圧迫がありませんがL4-5間のlateral recess(L5神経根が硬膜幹から分岐して椎弓根を回り込むところ)が狭く、左のL5神経根が圧迫されています。この方は一度の神経根ブロックで症状が軽快しました。

症例3

この方は右の下肢痛の症状でした。
やはり初診時から超音波ガイド下神経根ブロックで治療を開始しました。

L4-5で若干の椎間板ヘルニアを伴うlateral recessでのL5神経根症状と考えて良さそうです。結局2回の神経根ブロックと投薬、リハビリで軽快しました。

症例4

次の方は上の方々と少し症状が違って、馬尾症状でした。立ち上がったり歩き始めたりした時は症状がないのですが、歩いていると次第に両下肢が痺れてつらくなってくる症状です。馬尾症状の場合神経根症状よりも保存治療が効きにくいとされています。おそらく神経炎だけではなく神経の血流障害も関係しているからです。

L3-4の正中脊柱管が狭くなっています。

それでも保存治療がしっかり効果を出せる例はたくさんあります。神経根ブロック時に神経根のみならず交感神経節(椎体の近くを走る自律神経で、神経に流れる小さな血管をコントロールする役割を果たしています)ブロックも行うことで、神経の炎症を抑えるとともに神経の血流改善もはかります。その上で抹消血管を広げる内服薬や温熱、マッサージ等のリハビリを十分に行えば、日常生活で支障がないくらいに改善する方が多いです。この例の方は2回の神経根ブロック+1回の神経根リリース、内服、リハビリでかなり調子がよくなりましたが、数ヶ月に一度の定期的な神経根リリースを行いながら経過観察中です。

症例5

この方は右下肢痛です。レントゲンと身体所見からL5神経根症状と診断して初診時からL5神経根ブロックで治療した方です。後日撮影したMRIが下の画像です。

多椎間に神経圧迫がありますが、特にL5神経根が強い圧迫を受けています。

このようにMRI画像上は様々な箇所で神経圧迫がある訳ですが、本当に下肢痛を出している原因(責任高位)はL4-5lateral recess一箇所と判断しました。
結局この方は2回のL5神経根ブロックで軽快しました。脊椎を治療する医師は画像だけに頼ることなく、患者さんの身体所見と最小限の画像からピンポイントに責任高位を突き止めることが必要になります。そうすることで治療をより有効に進めることができます。
実は経験のある医師がちゃんと診察をすれば、MRIなど撮らなくてもレントゲンだけでほとんどの患者さんの責任高位は初診時から特定できることが多いです。

症例6

この方は左下肢痛です。

L4-5の椎弓間は狭く、椎間関節の肥厚と変性があり、L5上関節突起が内側に張り出していることがわかります。側面像は少しL4すべりがあり、これらの画像と身体所見で責任高位はL4-5lateral recessでのL5神経根症状と判断できました。

思ったよりヘルニアの出っ張りは強かったですが、MRIの結果はほぼ予想通りでした。結局この方は3回の超音波ガイド下神経根ブロックで軽快しました。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

TEL 048-711-8309 受付:月・火・木・金 9:00~12:30/14:45~18:00
   水・土     9:00~12:30
休診:日曜・祝日
住所:埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-32
   島忠ホームズさいたま中央店2階
最寄駅:大宮駅徒歩10分(中山道沿い) 
地図・行き方

ご予約は、診療時間の予約ではありません。来院していただいた順に診療させて頂きますので、混み具合によってはお待たせしてしまう事もあることをご了承下さい。

症状一覧

当院について

外観

受付
<月・火・木・金>
9:00~12:30
14:45~18:00

<水・土>
9:00~12:30

休診
日曜・祝日

住所
埼玉県さいたま市中央区
上落合8-3-32
島忠ホームズさいたま中央店2階

最寄駅
大宮駅徒歩10分

地図・行き方

TEL 048-711-8309

お問い合わせ

新規受付

PAGETOP
Copyright © 大宮はしもと整形外科 All Rights Reserved.